本文へ移動

新着情報

『茶の湯文化学』38号を発行しました。
2022-09-30

第38号 目 次

 

【論文】

近世後期大坂豪商・廣岡久右衛門家の茶の湯             倉林重幸

 

【研究ノート】

茶人、数寄者としての加納鉄哉と近代数寄者                岡田直矢 

天正十年の千利休―新出の古田織部宛書状から-         増山真一郎・堀場美佐

 

【資料】

陸游の茶詩(13)〔唐宋茶詩訳注㉒〕                          高橋忠彦

 

【書評】

木津宗詮著『目利き-谷松屋八代戸田露吟覚書-』                       依田 徹 

佃一輝著『茶と日本人-二つの茶文化とこの国のかたち-』             田中秀隆 

永松実著『長崎代官末次平蔵の研究「闕所御拂帳」を中心に』                 八尾嘉男

 

【書籍紹介】

高橋義雄(箒庵)著『現代語訳 大正名器鑑 唐物茶入編』                        中村 幸 

矢部良明著『宗旦vs.遠州-茶道に二大流派を築いた先導者-』           岡 宏憲 

重根弘和責任編集『茶の湯の茶碗』第三巻「和物茶碗Ⅰ」                       影山純夫 

樂直入責任編集『茶の湯の茶碗』第五巻「樂茶碗」                          神崎かず子 

『茶書古典集成』1・5・6・11・13巻                                  田中秀隆



※訂正とお詫び 

会誌38号 目次(英訳)におきまして、表記に誤りがありました。

 ここに訂正し、執筆者の岡田直矢様には大変ご迷惑をおかけしお詫び申し上げます。

 

 「The Journal of Chanoyu Number38 August 2022

     Research Notes

     Kanô Tetuya as Teaman and Connoisseur:His Friendships with Connoisseur Businessmen

 →Kanô Tessai as Teaman and Connoisseur:His Friendships with Connoisseur Businessmen

 



茶の湯文化学会
〒606-0805
京都府京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所内
TEL.075-702-9270
FAX.075-702-9314
1.茶の湯についての総合的学術研究
2.茶の湯研究の発展
TOPへ戻る