本文へ移動

大会のご案内

大会のご案内

   2019年度 総会・大会のご案内
 
      *大盛況のうち終了いたしました。
 
第1日
見学会
  日 時 2019年6月15日(土)
  
  場 所 一般財団法人 今日庵 茶道総合資料館
     〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町六八二番地  裏千家センター内
 
  展覧会 《茶道資料館開館四十周年・今日庵文庫開館五十周年記念特別展Ⅰ》
       「裏千家所蔵の優品 併設展「鵬雲斎コレクション撰」
        
  定 員   100名
  
  入館料 無料・呈茶付き(但し、茶の湯文化学会の封筒をご持参ください。)
 
  解説時間 第1組  11時~
       第2組  13時30分~
       第3組  14時30分~
  
  呈茶時間 10時~16時
  
   *見学会の同伴者は、会員1人につき1名とさせていただきます。
   *非会員のみでのご参加はご遠慮ください。
 *見学会をご希望される方は、5月15日までに同封の葉書に
  必要事項をご記入のうえ、切手を貼りご投函ください。
 *参加される方には、後日見学会の詳細をお送りいたします。
 
懇親会
 時 間 18時~20時
 会 場 ルビノ京都堀川
 参加費 6,500円
    (食事・飲み物を含む)
 
 
 
第2日
2019年度総会・大会
  日 時  2019年6月16日(日)
  場 所  同志社大学 今出川キャンパス 
                至誠館三階
  参加費  会員 1,000円  非会員 2,000円
  
  受 付  9時~
  開会挨拶 9時四45分
  研究発表   10時~12時
    1、岩田澄子(武蔵野学院大学 日本総合研究所SAF)
        「『君台観左右帳記』と三谷宗鎮『和漢茶誌』
         が示す烏盞についてー中国出土品と天目秞再現実験による考察」
        
    2、田村妙子(東洋大学大学院研究生)
        「『八坂神社記録』における喫茶記録について」
        
    3、島崎綾子(武蔵野大学大学院 文学研究科日本文学専攻 博士後期課程)
        「『師守記』にみる喫茶」
        
    4、大和田範子(大阪大学 人間科学Ph.D.)
        「Thayer家に受け継がれた岡倉覚三(天心)の茶道具
                  ーKeiko Thayer夫人との出会いから」
      
      (昼食・休憩)
      
  総  会  12時50分~13時20分                             
  
  シンポジウム 13時30分~17時30分
   テーマ 「茶書研究の現在」
  
      熊倉 功夫(国立民族学博物館名誉教授・MIHO MUSEUM館長)
       基調講演「茶書研究の過去・現在・未来」
      
      高橋忠彦(東京学芸大学名誉教授)
      「宋代茶書の再検討―『茶録』と『大観茶論』のテキストについて」
      
      梁 旭璋(一橋大学大学院 言語社会研究科 博士後期課程)
      「日本における清代散逸茶書について」
      
      舩阪富美子(神戸大学研究推進部研究推進課教育研究補佐員)
      「資料紹介 井上正三筆「柳湖堂煎茶会記」」
      
      岡 宏憲
      「茶書研究と江月和尚茶湯記」
      
      原田茂弘(表千家不審菴文庫)
      「千利休研究と茶書」
      
      矢野 環(同志社大学 文化情報部教授)
      「重要な名物記は何かー経過的祖形ー」
      
  ディスカッション 
 
 
 
茶の湯文化学会
〒606-0805
京都府京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所内
TEL.075-702-9270
FAX.075-702-9314
1.茶の湯についての総合的学術研究
2.茶の湯研究の発展
TOPへ戻る