本文へ移動

例会のご案内

例会のご案内

例会について
・各地例会は、どなたでもご参加いただけます。
・いずれの例会も、基本的には事前申込等は不要です。 例会当日、直接会場へお越し下さい。
・参加費は各例会会場によって異なりますので、当日、受付にてご確認下さい。
(* 会員と一般とでも参加費が異なります。ご了承下さい。)

東京例会 2019年度

京例会
  6月29日(土) (会場:東京芸術大学 美術学部 第3講義室 中央棟)14:00~
  依田 徹「松平親良と瓢々庵について」
  高原明子「明治十年代における茶道具の売立価格と購入者ー 
       三井銀行幹部による加島屋広岡家の茶道具の入札会の分析よりー」
 7月27日(土)14:00~ (会場:五島美術館)
  濱村繭衣子「近代数寄者の表装」
  砂澤祐子 「茶の湯とトランジショナル様式(仮)」
 9月7日(土)14:00~ (会場:根津美術館) 
  下坂玉起 「羽箒について4」
  中村修也 「未定」
 12月14日(土)14:00~ (会場:静嘉堂美術館)
  岩間真知子「日本にあった陸羽像」
  竹内順一 「移送の名物記『唐物凡数』ーその意義と『山上宗二記』」
 2020年2月29日(土)14:00~ (会場:五島美術館)
  谷村玲子 「酒井宗雅について(仮)」
  米沢 玲 「仏教儀礼と茶(仮)」
 

静岡例会 2019年度

 5月10日(金)~12日(日) (会場:茶の都ミュージアム)
  「第7回世界お茶まつり」共催
 

東海例会 2019年度

会場:昭和美術館
時間:14:00~
 
4月27日(土)  竹内順一 「茶の湯釜―名物記と茶会記からたどるー」
6月29日(土)  降矢哲男 「佐竹本三十六歌仙絵にみる近代数寄者と文化財保護」
9月14日(土)  前田  博 「尾張の焼物(part2)(仮)」
11月30日(土) 田畑 潤  「煎茶と青銅器(仮)」
 

 

近畿例会 2019年度

 4月28日(日) (会場:泉屋博古館 講堂)14:00~(開場13:30~)
  梶山博史(中之島香雪美術館学芸員) 「京焼の煎茶趣味にみる異国趣味」
  竹嶋康平(泉屋博古館学芸員)    「『中国文房具と煎茶』展について」
*泉屋博古館 共催
*当日は『中国文房具と煎茶』展開催中です。
 学会員は、会報送付の「学会の封筒」を受付にてお示しください。当日のみ無料でご入館いただけます。
 

北陸例会 2019年度

9月21日(土) 「未 定」
3月28日(土)   「未 定」
 

金沢例会 2019年度

4月7日(日) 9:30~(会場:金沢市湯涌温泉江戸村)
    江戸村茶会(第6回) 春爛漫
6月30日(日) 13:30~(会場:ITビジネスプラザ武蔵 5階 研修室1)
   川口法男 「西王母と東方朔」  
8月25日(日) 13:30~(会場:ITビジネスプラザ武蔵 5階 研修室1)
   宮武慶之 「前田家伝来の斜茶碗(ひずみちゃわん)」
10月6日(日)
   移動例会 (奈良方面)

高知例会 2019年度

6月30日(日) 10時~12時 (会場:高知県立文学館 慶雲庵茶室)
 「茶の湯文化学会2019年度大会の研究発表をテーマとしたシンポジウム」
     発表者 未 定
      軽食茶事   12時~16時
        席主  3名  
        会費   千円
9月1日(日)  10時~12時 (会場:高知県立文学館 慶雲庵茶室)
    文献研究  岡倉天心『茶の本』  第3章輪読                
12月8日(日) 10時~12時 (会場:高知県立文学館 慶雲庵茶室)
  茶の湯関係文献を読み所感の発表
        「未 定」
       茶事  12時~16時
      席主  4名 
      会費  5千円 
 
2月3日(日)10時~12時 (会場:高知県立文学館 慶雲庵茶室)
  「高知支部2020年度事業計画」
      「未 定」
        茶 席 10時~16時
      茶の湯文化学会の研究成果を実践する。茶の湯を一般の方々に親しんでもらうため「床飾り」
      「道具立て」はするが、お点前はお客次第として楽しめる茶席を設ける。
         会 費  300円
 
茶の湯文化学会
〒606-0805
京都府京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所内
TEL.075-702-9270
FAX.075-702-9314
1.茶の湯についての総合的学術研究
2.茶の湯研究の発展
TOPへ戻る